noplanな blog

タグ:自家現像 ( 45 ) タグの人気記事

自家現像2回目

ああああああああああああああああ



a0104905_20184794.jpg



orz


マジモノクロで夜の甲子園を本気撮りしたっちゅうねん。

国歌斉唱しながら撮ったっちゅうねん!


銀傘のある甲子園の最後の姿を撮ったフィルムだったのに・・・

すごく大事に撮った写真だったのに。

うー



へこむ前に原因を考える

①またまたフィルムをリールへ巻きとるのに何度も失敗→感光?

②気温が高く、薬剤を適温にするのに1時間以上かかり、その間フィルムタンクが明るい室内にあった→感光?

③単純に「現像液」じゃなかったのでは?





うん。。。。

こんなに↑綺麗さっぱり何も浮かんでこないなんて。

フィルムの端の文字すら浮かんでこない。。。

これは未露光!?

感光してたら、その部分は、黒くなるよね?

ということは、単純に 未使用のフィルムだったのかな。

それは絶対ない

私は、使用後すぐにフィルムに撮影日と番号を記入するのでありえないし。

ということは、現像したつもりだけど、実は現像液じゃなかったのかなあ?

うーん 間違えた可能性は高い。

昨日、現像後の片付けの際に「現像液」か「定着液」か迷った。

多分、そこで間違えてる可能性が高い…

だって、昨夜と同じ手順でやったのに。

そのミスしかありえないなぁ~

というわけで、

③が有力やな。定着液で現像したのかな?現像ちゃうやん!

まっしろ。


これはこれで記念としてちゃんと保存しておくのだ。

だって甲子園が写ってるんだもん。
[PR]
by luckymay | 2007-09-13 20:11 | 自家現像の日記

自家現像 1回目 


自家現像 できたー

わたしにもできたー ちゃんと出来てるのか怪しいけど うれしいー!

すごい大変で泣きました



以下備忘録


-------------------------------------------------------------
フィルム Kodak TRI-X 1本

現像液 Kodak D-76 (8分 17℃~22℃)

定着液 Kodak フィクサー (3分)

-------------------------------------------------------------


○最初に薬剤を用意

○思ったより水温が高かった(30℃!)ので、発砲スチロールに水と保冷剤入れて冷やす

○冷やしている間に フィルムをまきまき

○まきまきが!!!!!号泣。

○まきまきに時間がかかったので、薬剤が13℃になってしまったorz

○少し温める18℃まで待ちたかったけど待てんぞ

○ということで17℃から5℃上げる感じで現像開始 フリフリ♪

(ほんとは常に一定の温度が理想 ムリムリ!)

○思った温度で終われた ほっ

○現像停止は酢酸やめて水で30秒かくはん(くさいんだもん)

○定着3分 3分でいいってあんちょこに書いてる

○予備水洗

○水洗促進剤

○本水洗5分 この間にちょこちょこと片付け

○ドライウェルに1分漬けて完成!

-----------------------------------------------------------------------------

ダークバッグの中でフィルムをリールにまきまきするのが

どうしても上手くいかなくて何度もやりなおした。30分以上もかかった

練習に使っていたフィルムと堅さが違ってたので、感覚がうまくつかめなかった

何度もやり直したのでフィルムが折れたけど、問題はなさそうだ。

最初の2コマくらいにムラが見られるが、あとは思ったよりもちゃんとしてた

けど 妙に紫色なんだけど(この写真では分からないけど)。大丈夫?

プリントしたらどうなるんだろー 

今日ももう1本やってみよう。鍛錬あるのみ。


スキャナー欲しい!
[PR]
by luckymay | 2007-09-13 08:44 | 自家現像の日記

自家現像 薬剤準備


モノクロの写真も何本か撮りました

あとは現像するのみです

その前に 現像に必要な薬剤を作っておきました


20070829232019.jpg


左から

D フジ ドライウェル
  90%酢酸
B コダック フィクサー
A コダック D-76 ディベロッパー
C フジ QW

※酢酸は「水でいい」といわれたので使わないことにした。くさいし




DSC00646.JPG


左から

A 現像液(コダック D-76)1リットル

B 定着液(コダック フィクサー)1ガロンを半量 ガロンて。

C 水洗促進剤(フジQW)2リットル

D 水滴防止剤(フジ ドライウェル)2リットル


---------------------------------------------------------

以下 備忘録

A 
50℃~55℃で溶かす 
酸化しやすいので保存ビンは伸び縮みする「キング・ベローズボトル」を使用
薬剤の安定のため、1日前に作っておく


B
30℃以下で溶かす
一気に投入したら固形になった まぜまぜをしっかりやること!
(お得そうだから1ガロン買ってしまったが、1リットル用にしとけばよかった。。。)
 

C
20℃~40℃で溶かす
溶かすだけ~ きれいな色 これで35ミリフィルム100本分!使える


D
水2リットルに対して10ミリリットルを溶かす
現像の直前に作るのでいいのかも

※前浴液は1リットルの水にDを20ミリリットル溶かして作る


-----------------------------------------------------------------

○初めてだったので、分量や水の温度は厳密に計量

○結局1時間くらいかかってしまった

○お菓子作りみたいです

○慣れれば薬剤はガロン単位で購入した方がお得な気がします

○簡単な作業なので、慣れればすぐに覚えてしまうでしょう

○しばらくはこの薬剤でひたすら現像する!


今日はここまで。 のんびり。
[PR]
by luckymay | 2007-09-05 13:51 | 自家現像の日記

ありえない ありえない。

a0104905_13574677.jpg



先週、行き着けの文具やに居た暗室持ってる大工さん

トイカメラの王様 ホルガを貸してあげたら

かわりにと

中判カメラの王様 ハッセルブラッドを貸してくれました



HOLGA = HASSELBLAD

おんなじ中判ですけど 成り立ってないんですけど・・・

ハッセルブラッドは、私の遠い遠い夢のカメラ

初めて見たのは プロのカメラマンさんのものでした。

カメラについては無知ですが、その方のお人柄がすごく好きで

そしてその方のお写真が他の人と違っているようにも感じられて

それ以来 ハッセルブラッドというものが私のご縁のような気がするのです。

実際に、最近はモノクロのスクエアフォーマットにすごくご縁があります。

せっかくこんな凄いカメラを借りたのだから

身近なものをモノクロで 

最初に感じたことです。

それを、自分で現像して、プリントしてみたいな。

何だか奇跡のようなご縁でございます。


フィルムカメラは1年

昨年の夏、週末の写真スクール用に買った 中古のニコンF3と1万円の標準レンズ。

ハッセルブラッドは憧れとして「いつか触れるチャンスがあればいいなあー」くらいの感じ。

それがこの手の中にある



扱えるのか正直不安すぎ 見てるだけでお腹いっぱいでございます

初めてのフルマニュアルやし

借りてる露出計は東京に置いてきちゃったし

でもやってみる、いろいろ撮ろう。こんな凄い事は人生でそうは訪れませんね。

これは、運命でございますねえ 


田舎にはもうフィルムを選ぶ選択肢すらほとんどありません

あきらめないもんね。むふふ 全部取り寄せます

コダックのトライXのフィート缶 フィルムローダー 現像液 手配済です

フィート缶という存在は、先週初めて知りました

あとは 自分の腕次第 

カメラや現像なんかに負けててはいかん。

この小さな四国でやりませう フィルムがどれだけいいかってのを伝えたいねぇと

延々話続けました。

それほど地方はフィルムがありません

フィルムで撮りたいものがいっぱいあります

なんか、それって一番身近なものだったりします。何てこたないものだったりして




うー なんかすごいなあ 繋がるなあ

最高の夏の思い出になりそうです

ハッセルブラッド 

見ているだけでどきどきして、

ホンマに眠れなかった

朝イチでオトンに見せたら

「それくらいでビビッてどうする」と言われました

うーむ がぜん 本気出てきたですよ
[PR]
by luckymay | 2007-09-03 09:12 | 日々のこと

リールを巻く練習

実はモノクロ現像を自分でやってみようと思い立ち

「石橋は走って渡りなさい」と先輩にアドバイスを頂き

勢いで用具を揃えたものの

バタバタしていて 買ったままヨドバシの紙袋が放置プレイでした。。。

おととい、umieで運命ともいえそうな不思議な出会いがあり

やっとこの時がやってきました



モノクロ写真で残しておきたいものが、次から次へと頭の中で浮かんできて、

いてもたってもいられない ああ私にはもう時間がないと

勝手に追い込んでしまっております


というわけで 




a0104905_19522161.jpg


じゃ~ん

宇宙標準だから絶対にこれを買え」と言われて買った「マスコタンク

高かったばい。。。 (私のは「1353」です)



そして 私のセンセイは この方↓

a0104905_1953191.jpg


センセイ「日本カメラ」って所属なんですね 敷居高そう。お手柔らかに… 



a0104905_2013754.jpg


激ヤバなフィルムを犠牲に 3年前に期限切れ えっと・・・

まず フィルムを出す練習


a0104905_202386.jpg



青いのは「フィルムピッカー」フィルムを取り出す便利小物♪¥1000くらい


a0104905_2032572.jpg


こんな感じで 中からフィルムを出すことができます 

この作業 10回練習しました もうお腹いっぱいです(笑



さて ここから本番

現像を始める前に絶対に練習が必要なのは

「リールにフィルムを巻くこと」

現像する状態にフィルムを巻き巻きするキホンの作業です。

プリントは赤い電球を点けて作業ができますが、

フィルムの現像は絶対に光の入らない条件で現像しなければいけません

だから 絶対に失敗が許されないのれす!!!

はぁ~ プレッシャー。。。  

目をつぶって練習 練習 手先にフィルムを感じ 感覚のみを頼りに

リールにまきまきまきまきま(ry



先生 難しいですね。私 左利きなので、むちゃくちゃはがゆいです 指が動きません

気がつくと左右が逆になっちゃいます 

そうすると もう頭の中も同時にぐちゃぐちゃです

滝汗。これは、思ったより大変かもしれない。私にとってはー!!!



a0104905_208568.jpg



格闘すること1時間 なんとか形になってきた

ポイントは親指と薬指でフィルムを上手にリードしてあげるところ。

リールは意識しなくても、きれいに巻き上げてくれます 

なんてったって 宇宙標準ですから。

フィルムを丁寧に丁寧に・・・

a0104905_2092879.jpg


お 何とかできました

この作業を何度も何度もやりましたが、

目をつぶってやってみると フィルム同士が重なったり

うまくリールの溝に沿わなかったり

指がつりそう・・・



鍛錬あるのみ。。。
[PR]
by luckymay | 2007-08-28 20:23 | 自家現像の日記