noplanな blog

飽和する世界


a0104905_2225482.jpg






最近 テレビを見ていると 色が飽和してて 見ていてしんどくなります。

あたしだけかなと 思っていたのだけど、

作り手の人から

「人と違うことをしたいがために、どんどん奇抜になってきているんだよ。」といわれて、

あたしの思うところも 間違ってはいなかったんだーと思いました うむうむ。

その人は 人と違うことをしたいという要望に 

納得させるだけの「普通の美しさ」を出せずにジレンマを感じていると。

ふかくふかく わたしの心にもあった 響いたなあと思った 



素敵なデザインや写真や 感じるところにあるもの

いっぱいあるけど

色が飽和している あたしにはしんどい どれもこれも

目を閉じて思う世界のほうがはるかに美しい そんなことを 思ってみたり



わたくしごとのくだらない話ですが、

BWをやる時に BWをやっている友達や先生と呼んでいる人から、

「めいちゃんは色がいいのに」と言われたことをよく覚えています

だから BWやるのはあんまり・・・ みたいな。(小さな会話ですが)

いろんな人に言われて、やってみながら

BWは難しいというのも よーく、よーく学びました

あれやこれやと 色んなご縁や思うところがあり

出てきたきれいも汚いも 全部を 写真する行為に還元してきたつもり

その最果てが私にとってのBW自家現像とプリントであるのは

このブログに再三書いてきた そこまで追い込まれて 追い込んで 

見えないところで

なんでかなあ。



いまね 色が見えないのです 

やったーと思ってます

色を捨てて良かったと 思います

だから やけに 色が飽和するのを やめてと思います

日本人の色彩感覚は 稀有で美しいとわたしは思います

だから メディアからそうして 色の基本が変わってゆくとしたら

日本人の美意識が変わってゆく こわいことだな

そんな気がするのは ビビリなあたしだからでしょうか

so,let's go back to the basic.


nikkor-H 50mmf/2 / 400TX
[PR]
by luckymay | 2009-01-31 22:02 | 日々のこと