noplanな blog

  41st / R-053,054


今日はかなり寒いー
しかし 液温は安定している






〇今日は酢酸が切れたので、停止は水で1分攪拌
〇結果良好
〇ということで、現像液と定着液しか使わなかった 
〇できれば薬剤はこの2剤でシンプルにいきたいと個人的には強く思う



R-053
-----------------------------------------------------------------------

フィルム:Fuji PRESTO (120)

現像液:Kodak D-76(1:1) 21.5℃ 8:30

定着液:中外 マイフィクサー 22℃ 2:30 (2浴)

-----------------------------------------------------------------------
〇初富士フィルム
〇酢酸がなくなったので、停止は水(1分攪拌)
〇そのため定着を少し伸ばす(1浴目を1:30に)
〇フジはベースの色がカンペキに透き通るけど、定着の段階ではまだシアンだった
〇イルフォード式水洗
〇シアンきれいに抜けたよー


R-054
-----------------------------------------------------------------------

フィルム:Fuji PRESTO (120)

現像液:Kodak D-76(1:1) 22℃ 8:15

定着液:中外 マイフィクサー 22℃ 2:00 (2浴)

-----------------------------------------------------------------------
〇処方通りの現像時間(400TXより30秒短い)
〇水で停止(1分攪拌)
〇ステインきれいに抜けてよし



初フジでした。他人のネガを見ていたので、
アガリのベースの色がコダックと全然ちがーうのは知っていた。
わたしはずっとトライXの、シアンが残ったベースをずっと見てきたので、
定着が終わったときに確認したら コダックと同じ色だったので、
「ほんとにこうなるの?」と心配だったけど、
水洗をしっかりフリフリしたら、だいじょうぶだった。


わたしはまだ、フィルムを使い分けるとかできないし
その審美眼もまったくない
だから
安くて、50年以上使われている、伝統あるトライXと、基本のD76現像液で
基礎を知っておきたくて、そうしているわけです。

まだ50本だし
[PR]
by luckymay | 2008-11-08 21:18 | 自家現像の日記