noplanな blog

only time will tell

a0104905_13166.jpg


Yashicaflex / yashikor80mmf/3.5 / 400TX



本当に辛かったり、苦しいときは
無理に同情のコメントを考えて言葉をかけてみようとしたり、元気づけようと
わたしは全く思わなくて 
冷たい人かもしれません。
お互いムリをするのは どこかで歪むような気がして。

そういうときは 一緒に居られるときはそうしてあげて あとは
そっと見守るのが一番なのかしらと
後は時間が答えを出してくれるだろう
遠回りになるのかもしれないけれど、遠回りなりの道のりに
何か面白いものがふと落ちているのかもしれないし
そんなのを 拾ったりしないかしらと 祈ってみたり。
かといって、「相手にされてない」と思われる誤解と孤独を招く可能性が大いにあり、
そのさじ加減が難しいといつも思うんです

正論はときに相手をばっさりきりつける真剣のような鋭さがある。あたしは正論の使い方が一番こわいと思う。



どん底で笑えるフットワークを
誰もいなければ、疑似体験でも、ないよりはまし。
チャップリンやワイルダーならきっと教えてくれる。
子供のように、声をだしてケラケラ笑うこと
脳みそが知ってる

光が強ければ陰は強い 隙間にするりと落ちる影
それはいつも同時にある 地球は回ってるということ
[PR]
by luckymay | 2008-06-02 01:23 | 日々のこと