noplanな blog

ポラロイドとわたし


a0104905_20554664.jpg


F3 Nikkor 50mmf1.4 / Konicaminolta Centuriasuper400 @umie



今日は 以前 別の場所に書いたものを 少し変えて書きます






ポラロイド社から ポラロイドの生産が中止されるニュースは
悲しい出来事です
社名を捨てるほど その思いたるや いかほどか

そして

色んなところで 「ポラロイドを無くさないで」という
署名活動みたいなものが 盛んに行われているようです
私は、ポラロイドカメラを持っていないので、
その楽しさにあずかることは
できませんでしたが、
不思議なあたたかな描写をし、
撮ったその場でふわーっと浮き出てくる魔法に
ポラを持っている人と一緒に居ると本当に楽しい時間を過ごせるので
だいすきです。



でも、どこかで書いてらした方もいらっしゃいましたが、
ポラロイド社に「ポラの生産をやめないで」というのは
そこに勤める人々の生活を奪うことになる

今ある限りのフィルムを大事に使い、
その時代の終わりを見届ける証人となりましょう

私は、その意見に賛成です。


「あなたがポラ使ってないから、そういえるのでは?」と思われるかも
しれません。

とんでもない 

私は仕事でポラロイドを大量に使用していた事があります。
会社の机の引き出しは、ポラがぎっしり入っておりました
もう何年も前の話ですが
いまでも思い出深く 
一枚一枚に 自分の思考の跡をたどることができます。


私が目にしていたのは「ピールアパート式」で、
それは 撮影本番前のチェックに使われるものです。
シャッターを切って、耳みたいなのを引っ張って取り出します
2分くらい待って、
ぺりぺりはがして、ドライヤーで表面を軽く乾燥させます
少しマゼンダのかかったポラは、
正しい色を確認するのには不便でした。


締め切りが近かったり 急ぎの撮影の時は、
ポラロイドを上司に見てもらうために 
スタジオからタクシーを飛ばして
ポラ確認をしてもらっていた事もありました。

今は そのポラロイドの役割が
デジタルカメラで補えるのだと思います。


経費は1枚250円くらい 4×5は フィルムよりも高かったはず
1カットのために
何枚も消費しました
ポラロイド代は とても高かったと記憶しています

会社はもちろん趣味でやっている世界ではありません
「経費削減」に取り組みます

ポラロイドは、プロの世界では
本番前の写真の確認に使うだけの存在です。
それ以上の存在ではありません。
いの一番に「経費削減の課題」の候補にあがるようです
どこの会社でも 
湯水のように使うということは できない状況に
なってきていたのだと思います。


だから、ポラロイドというのは、そもそもそういう存在で
いづれはなくなってしまう運命にあるものなのではないでしょうか。

やっぱり、プロが使う量は半端なく大量で、
個人ではとてもじゃないけど追いつかない
だから今までポラロイドがあったのだと思います。


そして、環境問題の側面から 
ポラロイドは非常にマイナスの面を持っています。
私は、会社のISO14001(環境マネジメントシステム)に
携わっていたことがあります 
その時に
ポラロイドは「ごみの削減」という点で環境に悪影響であるという項目に
必ずチェックが入る項目でした
真面目に分別すれば 非常にめんどくさいのです。
ちなみにポラロイドの画像面は「燃やせないごみ」です
リサイクル不可です。


一般的に 使われているであろう
今流行の「SX-70」などで使うフィルムのカートリッジの
FAQ載せます

--------------------

Q.カートリッジはどのように処分すればよいでしょうか?

A.カートリッジを靴で踏みつけるなどしてプラスチック部分を割ってください。その後、怪我をしないように手袋などを着用し、プラスチックと金属、電池に分類してください。それらを分別廃棄してください。電池はマンガン電池です。

-------------------

視点をもっと広く持つと、
地球は、私たちが考えているよりもずっと深刻な問題を抱えてます。
今、地球の平均気温が6℃上がったら 
私たちは絶滅するそうです
今世紀末の平均気温は最高6℃近く上昇すると報道されています
世紀末に生きている可能性のある皆さんは どうしますか?



ポラロイドが無くなる話から ぶっとびますが


フィルムから出る廃液も、地球にはよろしくない。
ただ、個人の楽しみを奪う程「環境に考慮しなさい」というのは
本末転倒だと思うので、
だったら フィルムを現像して廃液を出すけれども
わたしは エアコンの温度を18℃以上上げません、とか
スーパーの買物袋を使わないなど
できることから始めればいいと思います。


実際 私の住むこの町は、渇水で有名な地域です。
現像していると、
両親に「水が勿体無いなあー」と嫌な目で見られ
「水が少ないのにサイアクだねー」と本州の人から言われます。
だから、たまにお風呂の残り湯で現像してます(笑


蛇口から水が出無くなった 渇水の夏を経験している私は、
少し申し訳ない気持ちになります。
だから、
私は、この町に取水制限が始まったら フィルムを使わず
迷わずデジタルで写真を撮ります。
「こんなのが撮れるんだったら、デジタルでもいいや」って
言われたことがあるけど、すごく悲しかったです。ショックだった
デジタルを否定しないでほしい。


実際 別に真面目じゃないんだけど、わたしは
モノクロの現像を始めてから、エアコンを一切使わない生活をしています
(いや ほんまですよ ほんまに。)
なんか あの廃液の色を見るたびに ほんまに胸が痛むんですよね・・・
特にT-MAX・・・


時代の流れを受け入れましょう。
全ては人間もひっくるめて無に返ってゆく
エントロピーを受け入れるまでです。
ポラロイドが無くなるのは 
その小さなきっかけに過ぎないと思っています


これは 私の個人的な意見です。
[PR]
by luckymay | 2008-03-18 01:32 | 日々のこと