noplanな blog

元旦 現像 第15~17回目(R-16-21)


元旦から 走らずに 現像してました

一気に6本

レッツゴー






-----------------------------------------------------------------------

自家現像・15回目(R-17,18)

フィルム:Kodak トライX (35mm) ×2

現像液:Kodak D-76現像液(1:1希釈) 21℃ 8分15秒

定着液:Kodak Fixer 13-21℃ 15分+5分

-----------------------------------------------------------------------


〇定着液を新しいものにする 新年!

〇LPLプラスチックタンクは 巻き尻をほどいて定着を確認できないので、不便

〇そもそも定着がしっかり出来ない自分のスキルって一体。

〇という訳で 相当長めに定着する


-----------------------------------------------------------------------

自家現像・16回目(R-19,20)

フィルム:Kodak Tri-X (35mm)×2

現像液:Kodak D-76現像液(1:1希釈) 20℃ 10分

定着液:Kodak Fixer 15℃ 15分

-----------------------------------------------------------------------

〇定着液の液温 アバウトすぎ

〇やっぱり後に再定着15分・・・


-----------------------------------------------------------------------

自家現像・17回目(R-21,22)

フィルム:Kodak Tri-X (35mm)×2

現像液:Kodak D-76現像液(1:1希釈) 20-21℃ 10分

定着液:Kodak Fixer 20℃ 15分

-----------------------------------------------------------------------

〇初のピンホール写真のフィルムだった 真っ白 全滅 ははは・・・

〇もう1本は、撮ったかどうか不明だったので一応現像してみたら、やっぱり未使用フィルムだった(笑)ということで破棄






1:1希釈の場合 現像液は1回しか使えないことになっているけど、

ワタシは2回使ってます。ちゃんと現像できるから、大丈夫だと思います。

わたしは 原液を1回に1リットル作ります。

現像タンクが650ミリリットルなので、1回分の原液は325ミリリットルを希釈します

そうすると、1リットルで丁度3回分の現像液が作れます。

なので、わたしは1リットルで6回現像しております!

35ミリ用現像タンクは 一度に2本現像できるので 12本 わーお

コダックD-76現像液は、380円くらいだったかな?

ということは コストは1本当たり約32円(ブローニーだと63円)

他の薬剤(定着液、QW、ドライウェルなど)を含めても

おおお

フジの現像液は1リットル200円なので、

手持ちのものがなくなったら そっちに移行しようかなと 思っております。

特にコダックにこだわっている訳ではなく 初心者なので ブランドを統一しただけでして

メーカーに関係なく 現像はできるという事です。

大工のあんちゃんは、コダックのフィルムを フジの現像液で現像してました
[PR]
by luckymay | 2008-01-02 23:59 | 自家現像の日記