noplanな blog

自家現像 薬剤準備


モノクロの写真も何本か撮りました

あとは現像するのみです

その前に 現像に必要な薬剤を作っておきました


20070829232019.jpg


左から

D フジ ドライウェル
  90%酢酸
B コダック フィクサー
A コダック D-76 ディベロッパー
C フジ QW

※酢酸は「水でいい」といわれたので使わないことにした。くさいし




DSC00646.JPG


左から

A 現像液(コダック D-76)1リットル

B 定着液(コダック フィクサー)1ガロンを半量 ガロンて。

C 水洗促進剤(フジQW)2リットル

D 水滴防止剤(フジ ドライウェル)2リットル


---------------------------------------------------------

以下 備忘録

A 
50℃~55℃で溶かす 
酸化しやすいので保存ビンは伸び縮みする「キング・ベローズボトル」を使用
薬剤の安定のため、1日前に作っておく


B
30℃以下で溶かす
一気に投入したら固形になった まぜまぜをしっかりやること!
(お得そうだから1ガロン買ってしまったが、1リットル用にしとけばよかった。。。)
 

C
20℃~40℃で溶かす
溶かすだけ~ きれいな色 これで35ミリフィルム100本分!使える


D
水2リットルに対して10ミリリットルを溶かす
現像の直前に作るのでいいのかも

※前浴液は1リットルの水にDを20ミリリットル溶かして作る


-----------------------------------------------------------------

○初めてだったので、分量や水の温度は厳密に計量

○結局1時間くらいかかってしまった

○お菓子作りみたいです

○慣れれば薬剤はガロン単位で購入した方がお得な気がします

○簡単な作業なので、慣れればすぐに覚えてしまうでしょう

○しばらくはこの薬剤でひたすら現像する!


今日はここまで。 のんびり。
[PR]
by luckymay | 2007-09-05 13:51 | 自家現像の日記